2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォールディングチェアのリペア。

    DSC_0437_convert_20150225000101.jpg

DSC_0435_convert_20150225000148.jpg    DSC_0431_convert_20150225000234.jpg

長年ご使用になられたフォールディングチェアの修繕をご依頼頂きました。
随分と古いこちらの椅子は、至る所がゆるんだり
座張りが破れていたり、革製の肘掛けも朽ちていたりと
かなりの重傷です...

しかしお直しをご用命くださいましたオーナー様にとりましては
大切な椅子です。

ひとつひとつ丁寧に部材を解体してゆき破損箇所を確かめて
金具やビスも傷めない様にゆっくりと外します。
解体ができたら部材修繕をしながら最善の方法を考え
塗装を施しながら組み直してゆきます。
古びて使い込んだ様子を残しつつ少しラフな塗装を施します。
キレイになり過ぎない様にキレイに仕上げる、
あんばいにコツがいります。

座張りも帆布を縫製して新規で製作、
革製の肘掛けも朽ちていましたので
こちらも新規で製作をし直しました。
肘掛けは本体と繋ぐD字型の金具が干渉して
ループ部分を傷めないように
新規製作のものは真鍮製のパイプを内側に通すことで
元のオリジナルよりも格段に強度が増しています。
また革は馬具にも使用されるブライドルレザーを使ったLittle Twitter製です。

思いの詰まった椅子です。
今まで以上に長くお使い頂けます様に
工夫をこらしております。

長くお預かり致しましたが
これからまたゆっくりとお寛ぎくださいね。
DSC_0377_convert_20150225000343.jpg 
スポンサーサイト

チェアのリペア

DSC_0328_convert_20150115225131.jpg    DSC_0332_convert_20150115225033.jpg

IMG_0012_convert_20150115224925.jpg    IMG_0015_convert_20150115224829.jpg 
長年使われた飛騨産業のウィンザーチェアの修理です。
祖母さまより譲られ、その後も長くお使いになって
破損箇所が増えられたので持ち込まれました。
...かなりの重傷
背のスピンドルが折れ、笠木もゆるみ一部破損。
画像では分かりにくいのですが
数枚板を接ぎあわせてある座板の接着が切れて
接ぎ割れをおこし座面に亀裂が出ておりました。

修復の際は緩んでいる箇所は解体して
再度、締め直しをします。
破損したり欠損した箇所は強度が増したり
あるいは強度が保てるように部材を新規製作します。
基本的には日常使用に耐えられるように修復して
お引き渡しをしております。

今回は座面の接ぎ割れ箇所を接着圧着して
更に強度が保てるように契り材を打ち込みました。
欠損の背もたれの部材は強度が増す様に
そして全体のプロポーションを損なわない様に
新たなデザインで製作して取付けて
椅子全体を締め直しました。

汚れや小傷も修繕し、再塗装をして完成です。
まだまだ長くご使用いただけます。
大変お待たせ致しました。

DSC_0615_convert_20150115224447.jpg    DSC_0540_convert_20150115224723.jpg 

DSC_0612_convert_20150115224535.jpg    DSC_0610_convert_20150115224632.jpg 


Repair8

DSC_1466_convert_20140311233302.jpg     DSC_1495_convert_20140311233230.jpg 

DSC_1500_convert_20140311233452.jpg  DSC_1504_convert_20140311233540.jpg  DSC_1501_convert_20140311233513.jpg  

デンマーク製ヴィンテージチェアの修理をご依頼いただきました。
使用中にガタつきが出て、組み手部分が外れたとの事。

拝見したところデンマークのメジャープロダクトでは無く
アノニマスデザイナーの椅子。
お預かりした時に見るとダボ組のフレームは各パーツが
見事に外れ、部分的にひび割れも入っていました。
背板もガタガタ...

基本的には部材を全解体して
部品一つ一つを修繕した後に組み直しをします。

ばらしてみて確認できましたのは
この椅子を取り扱ったヴィンテージショップの
リペアが非常に粗悪だった事。
外れた部分はコンクリートボンドで接着して
部材の隙間はコーキング材の注入で埋めてありました。
元々この椅子のデザインは力学的にも問題があったので
修繕は非常に気をつかうもののはず、
本来、椅子の設計製作が出来ないと修理のポイントも
解らないでしょう。
お客様を不安にさせる修理は如何なものか....
幸い広島での購入ではないとの事。

各部を修繕修復をした部品達を組み直し
そして磨いてオイルフィニッシュをして完成です。

まだまだお使い頂けます。

DSC_1507_convert_20140311233157.jpg     DSC_1510_convert_20140311233126.jpg

まな板の削り直し。

DSC_1292_convert_20140116225459.jpg     DSC_1303_convert_20140116225427.jpg 

料理をされる男性のお客様がまな板を持ち込まれて
削り直しのご依頼を頂きました。

お預かりしたのは寸法も厚みもしっかりとした
檜の一枚板のまな板
3年位使用された表面は包丁キズや鍋のあともあり
少しくたびれた様子でした。

小口、木端も真っ直ぐ切り揃え
傷のついた表面を削るととても美しい檜の木肌が現れました。
周囲に糸面鉋をかけ凛とした板に仕上げます。
全体に木蝋を擦り込んで完成です。

本当に様々なご用命を頂きます。
出来る限りの対応を致しております。
DSC_1294_convert_20140116225531.jpg 
 

Repair7

DSC_0834_convert_20131030232733.jpg     DSC_0868_convert_20131030232816.jpg 

DSC_0879_convert_20131030232852.jpg     DSC_0871_convert_20131030233021.jpg 

36年前のダイニングセットの修繕依頼を頂きました。

以前オーナーのお祖母さまが使われていた物を受け継がれ、
修繕にお持ち込みになられました。

楢材で出来たこのテーブルセットは
家具の産地で有名な飛騨高山の工場で作られたものです。

長年の使用でテーブルの脚周りや椅子たちも緩みやガタツキ
割れなど、かなりのお疲れぎみ

テーブルは解体して補強加工を施し、丁寧に再組み立て
歪んだ金物も新しいものに交換です。

椅子も大きくダメージがあり、
一脚ずつ解体して脚周りを締め直し
本体も症状にあわせた加工組立てをします。
脚先など細かな部分を再調整し
汚れ落しをして完成です。

随分とお待たせ致しましたが
受け継がれたテーブルセット、
これからまたご家族で長くお使いくださいね。

DSC_0860_convert_20131030233128.jpg   DSC_0845_convert_20131030233055.jpg   DSC_0873_convert_20131030233156.jpg 

 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ISOROK FABRIK

イソロクセイサクショ

Author:イソロクセイサクショ
デザインから製作まで
ひとつずつベストを尽くし
心地よい家具や空間を
お作りします。

Made in Hiroshima
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イソロクストア
オリジナル家具
オーダー家具
オーダーキッチン
店舗内装設計施工
木製看板.木製小物
建具
家具修理

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
〒731-1142
広島県広島市安佐北区
安佐町飯室3455-4
TEL:082-835-0480
email:isorokfabrik@gmail.com
☆☆お問い合わせください☆☆☆

◉イソロクストア◉
12:00~17:00 OPEN
◉定休日 : 火曜日◉
(祝・祭日除く)

最新記事

カテゴリ

ISOROK FABRIK (3)
ひろしまグッドデザイン (2)
いい店ひろしま (2)
イソロクストア (2)
Dialy (139)
Order Furniture (72)
Original Furniture (31)
Order Kitchen (3)
Chairs (114)
Goods (69)
Repair (15)
Works (20)
Event (30)
Junk Style (7)
Media (8)

月別アーカイブ

CT

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。